理系男子ノココロ物事を合理的に考える理系男子のココロを世に放つ、まったくもって非合理的なブログ 

このページの記事目次 (タグ: 磯自慢 の検索結果)

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

日本酒のススメ

   ↑  2010/03/11 (木)  カテゴリー: その他
美味しい日本酒、呑んだ事ありますか・・・?


「日本」の「酒」であるのに、あまり好まれていない日本酒。
特に若い人には「アルコール臭い」「きつい」などの理由から敬遠されています。
でも、職人の魂が込められた、芸術品のような日本酒を呑んだ事が無いのではないでしょうか・・・?



私も、元々日本酒が好きでは無かったのですが、やはり日本人に生まれたからには、美味しく日本酒を呑んでみたかった。
美味しい和食を、美味しい日本酒で味わいたかった。

でも、やっぱり日本酒は苦手でした。
そんな折、あるマンガにて「究極の日本酒」と紹介された逸品がありました。

龍神丸 純米大吟醸 中取り 無濾過生原酒

和歌山の小さな蔵元で、ごく少量をこだわりぬいて作られている究極の日本酒・・・!
「呑んでみたい!せっかくなら最高峰を!!」

そう願ったのが早4年前・・・
生産数が少ないので抽選になるのですが、やはりなかなか当たらない。
しかし諦めず4回目の申し込みをしたのが一年前。

龍神丸1



とうとう我が手元に!!
逆に、この四年間で色々な日本酒と巡り会い、美味しい物もいくつか出会えていたので、この年に当たったのは「必然」だったのでしょう。
なんの味も知らない素人が楽しむには、もったいない一本でしょうから・・・



それから、もう一つ有名な日本酒があります。

磯自慢 中取り純米大吟醸35

2008年の洞爺湖サミットにて、各国首相に食前酒として振る舞われた、地元静岡の名酒。
こちらも、毎年たったの1000本しか生産されない希少な日本酒。
お値段もかなりするので、こちらは購入するつもりが無かったのですが、ある事情から弟が買ってきてくれました。

磯自慢




と、いう事で、最高峰のこの二本を飲み比べするという、贅沢極まりない事をしてみました。
さらに両親に、「日本酒が美味しくなる最高の和食を・・・!」とお願いしたところ、こんなに力いれてくれました^^

料理
我が家は家族全員料理好き☆

さて、感想ですが・・・

<龍神丸>
・開けた瞬間、炭酸が漏れるような音が。まだまだかもしている様子。
・すごくフルーティな香り。アルコールのツンッとした匂いはありません。
・力強いのに繊細。料理と一緒ではもったいなかったか?
・少しの温度変化で、多彩に変わる味。まさしく「生きています」

<磯自慢>
・驚くほど澄み切った味。食前酒には確かにピッタリ。
・日本酒を呑み馴れていない人にも向いている。ものすごくわかりやすく、さわやか。
・でも、ただ呑みやすい・軽いのではなく、かもされた米の味が口の中で芳醇に広がる。
・磯自慢と言うだけあって、意外と海苔のお味噌汁と合った!




本当に、幸せな時間でした☆
どちらも、作り手の愛情が強く反映されています。
もはや職人芸。やはりこういう物に弱い理系Gです・・・

ただ、惜しむべきはあまり呑めないこの体。
おちょこ3杯が適量。4杯だとちとつらい。
まぁ、逆に一杯を大切に呑むので、じっくり楽しめます。
安上がりだし^^


日本酒が苦手・美味しくないと感じている方、一度職人の魂が込められた一本を呑んでみて下さい。
きっと、日本の文化を体で味わえると思います。


いつも購入している、「本当に日本酒が好きな店主」が販売するお店。
地酒 みゆきや
スポンサーサイト

この記事に含まれるタグ : 日本酒 龍神丸 磯自慢 

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-33.html

2010/03/11 | Comment (8) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
申し訳ありません。 お探しの記事は現在、この ユーザータグ (Keyword) を設定していない可能性があります。 右の検索BOXで 再度用語を短めに入力していただくと記事が見つかる場合があります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。