理系男子ノココロ物事を合理的に考える理系男子のココロを世に放つ、まったくもって非合理的なブログ 

このページの記事目次 (カテゴリー: 住宅

total 6 pages  次のページ →  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

こだわりの家に住んでみた!-2

   ↑  2013/02/01 (金)  カテゴリー: 住宅
こだわりの家に住んでみた!
猫との共存編です(^_^)

今回の大きなコンセプトの一つが、「猫との共存」
アパート暮らしでは、猫と生活する上で、不便な事がいっぱいでした。
それが、吉野さんの色々な工夫で、すっかり解決です(^_^)

<生活空間を区切る>
「人専用」 「人猫共用」 「猫専用」
この仕切りは、実に有効でした(^_^)




「人専用」の寝室とキッチン。
どちらも、ドアでしっかり区切れます。
(引き戸は猫が開けちゃいます(^_^;)

生活してみて、やっぱりこれは大正解でした!
多いトラブルが、「お布団に粗相された」とか「食べ物もってかれた」とか・・・
一時的に入って欲しくない時も、必ずあります。

オープンタイプのキッチンが人気ですが、猫を飼うなら、区切れる方がいいと思います。
猫との生活が、一層良好になりますよ♪





「人猫共用」のリビング
お互いの、くつろぎ空間です(^_^)
冬はポカポカの蓄熱暖房機。
高いところや、縦の運動が好きな猫用に、キャットタワーとキャットウォーク。
オモチャをキャットウォークに置くと、喜んで取りにいきます。
猫と遊べる、いい空間です♪





「猫専用」のキャットルーム
トイレをここに集約出来たのも、かなりメリットです(^_^)
どうしても匂いがあるし、汚れもある。
でも、専用の部屋なら、気になりません♪
好きなだけ砂を掻けばいいさ、虎次郎!


区切った事で、猫には不満?があるかもしれませんが、その分たっぷりと猫快適設備をつけたので、まぁ許してね!・・・ってのが本音のとこでしょうか(^_^;)
ちなみに、5匹ぐらいまでは想定していますヨ(*^_^*)
スポンサーサイト

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-578.html

2013/02/01 | Comment (10) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

こだわりの家を建てよう!-21

   ↑  2012/11/22 (木)  カテゴリー: 住宅

こだわりの家を建てよう!

デザイン・間取り編です。

 

「機能美」って言葉が好きです(^_^)

機能を追求したデザインに、美しさを感じます。

プラスして、機能を損なわない少々の「遊び心」

この2つが合わさったデザインが好きなんです。

 

その好みというか、趣味を吉野聡さんはしっかりと汲み取って、間取りとデザインに反映してくれました(^_^)

見た目ばかり優先ではなく、住む人の使い勝手や動線を十分に考えてくれています。

 

例えば、洗濯をして、干すという日々の家事。

湿って重たい洗濯物を持って、階段を登り降り・・・というは大変です。

その動線が、極力短くされています。

布団干しも同様です(^_^)

 

一般の家庭で、宿泊する来客がどの程度あるのか?

数回あるか無いか程度で、客間は無駄という提案も、実に納得でした。

また、年月と共に生活スタイルも変わる事から、間取りには柔軟性を持たせてあります。

 

WIC(ウォークインクローゼット)があり、ここを多目的室としました。

あえて用途を決めていないんです。

物置としても良し。

来客時に、主寝室をお客様にあて、夫婦はここで寝る手もあります。

キッチン横にあることから、まだ赤ん坊の次男をここに寝かしつけて、妻は家事をすれば、泣いてもすぐわかります(^_^)

 

子供部屋は、二部屋分を仕切らず、ひとつにしてあります。

ドアは2つ。将来仕切る事も出来ます。

子供が小さい内は、家族みんなの寝室。

広々と使えます(^_^)

 

ウッドデッキもお気に入り♪(工事中の写真ですが(^_^;)

耐候性にも強いサイプレス。

フローリングだけでなく、ウッドデッキにも使われています。

雨風にさらされ、あっという間にボロボロになったウッドデッキをよく見かけますが、勿体無いです。

せっかくお金と手間を掛けて作るのならば、長く愛せる物にしたいですね(^_^)

 

外観のデザインも、一発目の案で即決でした(^_^)

私の好みを、完璧にとらえています。

総二階の家が、建築費は安くなりますが、真四角のノッペリした家はあまり好みじゃありません。

でも、総二階でありながら、このインパクト!

黒い三本の柱部分は、ただの意匠ではなく、なんとこの中に給排水の配管が通っています。

まさに機能美と遊び心の融合です(^_^)

特にお気に入りの部分♪

 

ということで、ようやく実工程にだいだい追いつきました(^_^)

いよいよ明日は引渡し、そして明後日には見学会です!!

来られる方、道中お気をつけて下さい。

お待ちしております(^_^)

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-576.html

2012/11/22 | Comment (20) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

こだわりの家を建てよう!-20

   ↑  2012/11/21 (水)  カテゴリー: 住宅

こだわりの家を建てよう!

断熱・設備編です。

 

しっかりとした高気密・高断熱の家を建てる事で、光熱費は大幅に下ります。

そうすれば、家計にも地球にも優しくなります(^_^)

吉野聡さんご自身のブログでも、断熱の重要性を何度となく書かれていますね。

もちろん、G-Houseでもたっぷりと詰め込まれています♪

 

断熱材は、セルロースファイバーを使用。

古新聞紙を原料とし、綿状に加工した断熱材です。

化学素材の断熱材との決定的な差、それは調湿作用があること。

湿気を吸ったり吐いたり。

紙も元々は木ですから、環境にやさしい断熱材でもあります。

実は少し仕事で関わっていて、どうしても採用したい断熱材でした(^_^)

 

ガラスは、二重になったペアガラス。

その中でも、特に遮熱性能の高い、Low-E複層ガラスを使っています。

熱の出入りが激しいガラス部分だからこそ、こうした建材を使う意味が大きいです。

 

太陽光発電システムも設置しています。

よく、「何年で元がとれるか?」といった視点で語られますが、単純に「付けたい」という理由からの設置です。

電気をどれぐらい使って、どれぐらい発電して・・・といった様子が、パネルで一目でわかる。

子供に、電気の大切さをわかりやすく伝えてくれる一面もあると思います。

 

最近は、蓄電池もセットになる事が多いですが、それは見合わせました。

まだまだ発展途上の蓄電池に予算を割くのであれば、家の基礎性能に予算を回した方がいい・・・

そんな吉野さんの意見もありました。

確かに、後から簡単に追加できる蓄電池と、後から変更するには大変な断熱材や建材。

どちらを優先するかと言われれば、後者です(^_^)

 

上記の理由からも、色々と削減出来るところはしようと、夫婦ともに全く興味のないウォシュレットを外そうとしました。

・・・が、今は標準でつくのが当たり前。

外すと特別仕様となり、むしろ高くなるとか(^_^;)

ままならぬものです・・・

 

基本的に、設備に関すること、家の基本性能に関わる事に関しては、吉野さんにお任せしています。

いくら注文住宅とはいえ、素人の施主があれこれ口出しすると、あまり良くない気がしたのです。(個人的な意見です)

全体的な性能・費用・デザインなど、総合的に管理している吉野さんの設計、それが確かだから出来る事ですが(^_^)

この信頼関係が無いと、家造りに疑心暗鬼ばかりになっちゃう気がします。

 

さて、次回はデザイン編にしましょうか?

引渡しと見学会まであと数日!

なんとか追いつきそうです(^_^;)

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-575.html

2012/11/21 | Comment (7) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

こだわりの家を建てよう!-19

   ↑  2012/11/20 (火)  カテゴリー: 住宅

こだわりの家を建てよう!

無垢フローリング塗料編2です。

 

サイプレスの無垢フローリングへ、何を塗装するか。

取り寄せたサンプルは以下の3つです。

 

ミツロウ君(蜜太郎と一緒?)

蜜蝋ワックスです。100%天然素材。

蜜蝋に、植物油をブレンドして、塗りやすさも併せ持ちます。

ワックス仕上げにする選択肢です。

 

キヌカ

米ぬかを主原料にした、100%自然素材の塗料。

昔は糠袋といって、米ぬかを炒ったものを袋に詰めて、床を磨いたそうです。

 

Arbor植物オイル

エゴマ油、キリ油、ライスワックスの3点のみで作られた、100%天然成分の塗料。

表面をオイル仕上げにする選択肢です。

 

 

それぞれ説明書に従って、サイプレスに塗っていきます。

乾燥後の写真。

左から「無塗装」「ミツロウ君」「キヌカ」「Arbor植物オイル」です。

ただし、植物オイルは、下から「一度塗り」「二度塗り」「二度塗り+ミツロウ君」と3種類に分けてあります。

無塗装に比べて、どれもしっとりとした色合いになりました。

手触りは、どれもサラサラで気持ちがいいです。

どれも結構塗りやすかったです。

 

さて、これらに「水」「牛乳」「醤油」「オリーブオイル」を垂らしました。

本当は猫のオシッコも試してみたかった(^_^;)

30分放置後、丁寧に拭き取ります。

 

無塗装。

染みになっています。

やはり何かしらの保護は必要です。

 

ミツロウ君。

若干オリーブオイル部分がテカッてますが、問題ない範囲です。

 

キヌカ。

こちらも若干オリーブオイル部分がテカってますが、問題なし。

 



植物オイル。

上から一度塗り・二度塗り・+ミツロウ君、いずれも高い防御力です。

殆ど後がわかりません。

元々オイルだからか、オリーブオイルに対しても染みになりにくいのかな?

 

 

どれも、予想以上の防御力でした。

ただ、気になるのは、キヌカの説明文。

「表面油分が多い材へはご使用をお控え下さい。」

どうも、乾燥後でもダンボールなどへ、もどりが出てしまう事がある様子。

サイプレスは、油分の多い材です。

なのでキヌカは除外。

ミツロウ君も、悪くないのですが、一度ワックスを塗ると、オイル仕上げには戻れない事。

防御力としても、植物オイルの方が上な事から、我が家では「Arbor植物オイル」を採用します。

 

ただ、この実験結果は、「サイプレス」である事が大きいと思います。

元々油分が多く、汚れに強い。

同じような実験をしているブログを、いくつか拝見しましたが、自然素材の浸透系塗料で、ここまで汚れに強い感じは見られませんでした。

結果は、あくまで参考程度にして下さい。

 

年々油が染みこんで、どんどん愛着のわく床にしていきたいです(^_^)

汚れたって、染みになったって、それは家族の生きた証。

柱の傷と一緒ですね♪

さぁ、家を育てる楽しみも増えましたよ~(^_^)

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-574.html

2012/11/20 | Comment (12) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

こだわりの家を建てよう!-18

   ↑  2012/11/19 (月)  カテゴリー: 住宅

こだわりの家を建てよう!

無垢フローリング塗料編1です。

 

木のフローリングには、いくつか種類があります。

画像はフローリングの断面のイメージ図です。

 

1.無垢フローリング(単層)

原木から削りだした、一枚板のフローリングです。

自然素材そのものの良さがありますが、それゆえに伸縮しやすいなどの問題点もあります。

 

2.無垢フローリング(複合)

無垢の木を、縦や横につないだフローリングです。

伸縮の問題を解決したり、一枚板では不可能な形状の物が作れたりします。

 

3.突き板フローリング

合板の表面に、薄くスライスした木を貼ってあるもの。

価格の安さ、規格による施工のしやすさがメリットですが、長期間の耐久性は無垢に劣ってきます。

 

我が家では、一階はサイプレスの無垢フローリング(単層)、二階は突き板フローリングです。

突き板フローリングは、工場出荷時から表面に保護の塗装がしてありますが、無垢フローリングは未塗装・無着色のままです。

このフローリングの保護塗装をどうするか、吉野聡さんと話をした結果、ここは施主の好みでやらせてもらう事にしました。

ちなみに、無垢のフローリングへの塗装も、大きくわけて2つの種類があります。

 

1.コーティング塗装

表面をウレタンなどの樹脂でコーティングする塗装。

汚れに対しては、ダントツの強さです。

ただ、木本来の肌触りではなくなります。

 

2.浸透性塗装

木に、オイルやワックスなどを染み込ませて保護する塗装。

木そのものの質感や手触りが残り、経年による風合いの変化も楽しめます。

ただ、汚れには弱く、メンテナンスもそれなりに必要です。

 

せっかくの無垢フローリングですから、浸透性の塗料を選ぶ事にしました。

それも、可能な限り自然素材な塗料を。

肌の弱い妻・まだ幼い息子二人もいますしね(^_^)

・・まぁ、息子二人と猫が汚す事を考えると、パパはメンテナンスや掃除を頑張らねばなりませんが(^_^;)

 

色々と調べ、気になる塗料のサンプルを取り寄せました。

これを、サイプレスフローリングの余った端材に塗って、風合いと汚れに対する防御力をテストしてみる事に!

無駄に頑張ったテストの模様は、次回!乞うご期待!!

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-573.html

2012/11/19 | Comment (3) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。