理系男子ノココロ物事を合理的に考える理系男子のココロを世に放つ、まったくもって非合理的なブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2010年・ペルー旅行記 ~3日目・マチュピチュ~

   ↑  2010/07/28 (水)  カテゴリー: ペルー旅行
2010年ペルー旅行記、三日目。


この日は、いよいよ最大の目的地、マチュピチュへ!

マチュピチュに行くには、列車でふもとの村へ行き、そこからバスで行くのが一
般的です。


マチュピチュ1日目
早朝だというのに、駅は大混雑!みんなマチュピチュ行き。


マチュピチュ1日目
今回乗った、ビスタドーム。なんと、天井にも窓がついており、景色が楽しめま
す。

この線路が、先日の豪雨で崩れ、マチュピチュに行く手段が無くなってました。
7月から完全復旧しましたが、まだ一部徐行区間が…


マチュピチュ1日目
途中の景色も素晴らしい…!


さぁ、マチュピチュ村に着きました!

マチュピチュ1日目
バス乗り場は大混雑。
ここから、バスに乗り30分でいよいよマチュピチュに到着!


マチュピチュ1日目
入り口も大混雑。


ちなみに、クスコの町の方が標高が高く、マチュピチュは2400mぐらいなんです。
なので、クスコで高山病になっても、マチュピチュまで来ると大体の人が回復するし、高度順応も済んで
、元気になるそうです。

軽度の高山病にかかっていた妻も、すっかり元気に!


入り口からしばらく森の中を歩き、パッと視界が開けた瞬間、絶景が目に飛び込
んできました…!


マチュピチュ1日目
この光景を見た感動は、生涯忘れないでしょう…。

こんな山奥深く、こんな都市を築き上げるとは…。
なぜ築いたのかも、いまだに判明してないそうです。
さて、ここからしばらく写真ギャラリーを。
ダイジェストに無い写真メインです。



マチュピチュ1日目
遺跡の入口門では、軽く渋滞が。
多い時は一日数千人もくるそうな。


マチュピチュ1日目
高地で畑を作る為に、段々畑になっています。
上り下りが大変そう・・・


マチュピチュ1日目
あの一番下の畑、どうやって行くんだろ・・?


マチュピチュ1日目
家。三角部分が屋根になります。


マチュピチュ1日目
復元するとこんな感じ。


マチュピチュ1日目
それにしても、どこを見ても山ばかりの絶景・・・


マチュピチュ1日目
遺跡内は、リャマがいっぱいいます。


マチュピチュ1日目
おとなしく、触っても写真撮っても大丈夫!


マチュピチュ1日目
こんなに高地でも、水がわき出てます。
サイフォンの原理を利用してるそうな。


マチュピチュ1日目
どうしたら、石でこんなに曲線を描けるのか・・・?


マチュピチュ1日目
見張り台と呼ばれる場所の近くで、遺跡のパワーを吸い取ってる人達を発見!
ヨガのポーズが素晴らしい人がいる。


マチュピチュ1日目
そこからの眺め。
確かに、遺跡を一望できていいスポットです。
我々も、しばらく眺めてました。


マチュピチュ1日目
日も暮れてきた・・・
四時を過ぎると、日帰り観光客が帰り、かなり人が減ります。
ゆっくり見て回るなら、この時間もいいですね。


マチュピチュ1日目
いよいよ日が沈む。
最終バスまでゆっくりしてました。
日帰り観光だと、数時間しかいられない為、実にもったいないです。

我々は、ふもとのマチュピチュ村に戻り一泊して、翌日は早朝から再来。


トラブル3
夕食を食べにレストランへ。
しかし、とにかくこの国は量が多い!
コースの前菜だけでお腹いっぱいに…

マチュピチュ1日目
メインのパスタ。これで半分以上食べてます。

食べ物を残すのが嫌いな私は、すっごい無理して詰め込んで、気持ち悪くなってしま
いました。
すっごい美味しかっただけに悲しい・・・

しかも、高地では消化機能が落ちる為、食べ過ぎは気をつけなくてはいけないのに・・・
案の定、ホテルに戻ったあたりで、気分が悪くなってしまいました(>_<)

胃腸薬を飲み、翌日に備えて就寝・・・
さて、どうなることやら??

続きは、書き上がり次第UPします!

FC2スレッドテーマ : ペルー (ジャンル : 海外情報

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-122.html

2010/07/28 | Comment (3) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


理系Gさん

おはようございます。

回りが360度見渡すかぎりが山しか見えない高所にこのような都市を作る技術があったことにビックリです。

>この光景を見た感動は、生涯忘れないでしょう…。

この光景はあまりにも有名・・・この写真を見て、人が少ないなぁと思っていましたが、現実はこんなにも人が沢山いたんですね(^_^;)

ビックリです。

どの写真も見ごたえ十分・1枚1枚見入ってしまいました(^^)

リャマ君が可愛らしいです(^^)

>どうしたら、石でこんなに曲線を描けるのか・・・?

確かに考えると不思議・・・日本のお城はそういえば曲線がないように思います。

こんな絶景の場所にいたら何時間いても飽きないだろうなぁ!

>食べ物を残すのが嫌いな私は、すっごい無理して詰め込んで、気持ち悪くなってしまいました。

旅先で体調を崩すのが一番心配です・・・

大丈夫だったのかな??

溶射屋(村田光生) |  2010/07/28 (水) 06:07 [ 編集 ] No.422


Re: タイトルなし

溶射屋さん>

> 回りが360度見渡すかぎりが山しか見えない高所にこのような都市を作る技術があったことにビックリです。
インカ人は、謎多き民族ですが、技術力は凄かったと・・・


> >この光景を見た感動は、生涯忘れないでしょう…。
> この光景はあまりにも有名・・・この写真を見て、人が少ないなぁと思っていましたが、現実はこんなにも人が沢山いたんですね(^_^;)
> ビックリです。
うまいこと、人の少ない写真だけでダイジェストにしました^^
雰囲気って物が・・・ね


> どの写真も見ごたえ十分・1枚1枚見入ってしまいました(^^)
ありがとうございます^^
実際撮った写真は、現地7日間で千枚ぐらい。
撮りすぎて整理が大変です。

> リャマ君が可愛らしいです(^^)
人なつっこくて、しかもサービス精神旺盛!
ポーズを決めてくれるんですよ。

> >どうしたら、石でこんなに曲線を描けるのか・・・?
> 確かに考えると不思議・・・日本のお城はそういえば曲線がないように思います。
隙間無く曲線を描くって、相当な技術だと思います。
日本の石垣も凄いですが、インカはちょっと次元が違う気がします。

> こんな絶景の場所にいたら何時間いても飽きないだろうなぁ!
まっっったく飽きませんでした^^


> >食べ物を残すのが嫌いな私は、すっごい無理して詰め込んで、気持ち悪くなってしまいました。
> 旅先で体調を崩すのが一番心配です・・・
> 大丈夫だったのかな??
体調優先!と妻にも言われましたが、どうしても残すのには抵抗が・・・
結局、体は・・・
続きをお楽しみ下さい♪

理系G |  2010/07/28 (水) 20:23 No.423


理系Gさん

おはようございます。

いつもコメントありがとうございます(^^)

溶射屋ブログにリンクしていない時はアップしていない時なんですね!!

今、理解しました・・・・・って気が付くのが遅いって・・言われそうですが(^^ゞ

溶射屋(村田光生) |  2010/07/31 (土) 06:43 [ 編集 ] No.425

コメントを投稿する 記事: 2010年・ペルー旅行記 ~3日目・マチュピチュ~

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。