理系男子ノココロ物事を合理的に考える理系男子のココロを世に放つ、まったくもって非合理的なブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2010年・ペルー旅行記 ~4日目・マチュピチュ~

   ↑  2010/08/02 (月)  カテゴリー: ペルー旅行
2010年ペルー旅行記、四日目。


この日が、この旅で最も楽しみにしていた日でした!
マチュピチュの全景を見下ろす事ができ、その絶景で名高いワイナピチュ峰へ登りたかったんです!

ただこのワイナピチュ、あまりの人気ぶりに入山制限がかかっています。
1日四百人。
早い者勝ちで、整理券を手にした者だけが登る事ができる、熾烈な戦いです。

始発のバスは五時半。
念のために五時前には乗り場に行こうと決めてました。

トラブル4
やっぱり、昨晩の食べ過ぎが良くなかったようで、思いっきり胃が痛い上に、お腹壊しました…(T_T)
朝ごはんがフルーツぐらいしか入らない…。

でもなんとか気を取り直し、バス乗り場へ。


4日目マチュピチュ
五時ですごい行列!

甘かったか…!?
数えてみると、大体150番目ぐらい。
遺跡の中にある超高級ホテルの人達分を増やしても、まぁなんとか大丈夫そう。


体調悪いので、バスの中では爆睡。
『421番目だからあなたはダメです。』
なんて不吉な夢見て冷や汗かいたケド、とにかく到着!


4日目マチュピチュ
…あれ?
バス乗り場より圧倒的に多い人の数!?
凄い人数が既に並んでいたんです!


慌てて最後尾に。
ドキドキしながらゲート到着。

「ブエノスディアス(おはよう)」
『ワイナピチュ整理券はまだある?』
「え?ここでは配ってませんよ?」
『えぇ!?じゃあどこで!!!?』
「あそこで(列のちょっと後ろのあたり)」
『いやいや!さっきあそこ通ったよ!?配ってなかったよ!!!?』
「さぁ?なんでですかね?とにかく、整理券欲しかったら、また並び直して下さい。」


トラブル5
理由はわからないですが、とにかく整理券を得る為に、また列の後ろへ。

…が、後ちょっとで整理券終了の声が!
人数数えてみると、大体後20人ぐらい…


正夢だ…orz
妻に、『迷惑な夢見るなー!』と、なじられました…



まぁ、仕方ないので気を取り直し、プラン変更。

実は、もうひとつ登れる山があります。
マチュピチュ峰。

ワイナピチュ峰より頂上まで時間が掛かるせいなのか(40分対2時間)、あまり人気がないそうです。


4日目マチュピチュ
遺跡から見上げると、あんなに上の方に頂上が…
頂上に旗が立ってます。(丸印のところ)


4日目マチュピチュ
テンション下がりまくりの妻を励まし、いざアタック!


4日目マチュピチュ
割りと日本の普通の山道みたい。


4日目マチュピチュ
ご来光。

4日目マチュピチュ
朝日が遺跡にあたり始める・・・
テンション上がってきたせいか、体調はむしろ良かったです。


4日目マチュピチュ
こんなとこにも、インカの石組が。
昔も使われてた道なんでしょう。


4日目マチュピチュ
狭い!
しかも下はガケ!
ワイナピチュも含め、毎年何人か事故を起こすという理由が、よくわかります…


4日目マチュピチュ
いよいよ頂上!

4日目マチュピチュ
旗は結構でかかった!
ここも大絶景です…!


4日目マチュピチュ
マチュピチュ峰頂上からみたマチュピチュ遺跡。


4日目マチュピチュ
360度、全て山山山!
200度ぐらいまで、写真を繋いでパノラマにしてみました。


ちなみに、ここまで1人しかすれ違わず。
ホントに人気ないのね…。

でも、確かに相当険しいところも多く、時間も往復三時間以上はみとく必要があるので、一般向きではないかも?

でも、この高度から見るマチュピチュは素晴らしいの一言…
人も少ないし、むしろこっちの方がよかったかな?
いや、こっちの方が良かった!(断言)

すっかり妻もゴキゲン♪
時間と体力ある人には、マチュピチュ峰もオススメ!


4日目マチュピチュ
戻ってきて、前日の眺めの良い場所でお昼寝。
贅沢だね♪


4日目マチュピチュ
マチュピチュ村に戻り、お土産を買って、またビスタドームに乗って、いよいよおさらば…


帰りはオリャンタイタンボという町で降り、手配していたドライバーさんに車でクスコまで送ってもらいました。

車から見る空は、凄い星空だった…!
南半球ならではの、南十字星も見れました☆


さて、クスコに帰ってはきましたが、この日は早めに就寝。
乾期だったため、とにかく乾燥がひどく、マスクして寝ました。
ノドが痛い時は、これでいつも良くなるんです。


・・・・・・が、この事が後に悲劇を生む事に・・・・・・・
5日目の日記を、乞うご期待!

FC2スレッドテーマ : ペルー (ジャンル : 海外情報

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-125.html

2010/08/02 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


大変でしたねぇ

理系Gさん

おはようございます。

>ワイナピチュ、1日四百人。早い者勝ちで、整理券を手にした者だけが登る事ができる、熾烈な戦いです。

5時に行って相当の人数が並んでいたのですか・・(^_^;)

・・・と言うことは4時起きくらい。

皆さん、相当気合い入れて来ているんでしょうね。

>朝日が遺跡にあたり始める・・・

5枚目のこの写真の遺跡の向こう側に見える山に登りたかったのですか?

>狭い!しかも下はガケ!ワイナピチュも含め、毎年何人か事故を起こすという理由が、よくわかります…

しかしこの幅は本当に狭いです(ー_ー)!!

高所恐怖症でなくとも怖いだろうなぁ!

所で気温はどれくらいなのですか?

きっと汗をかかない程度の外気温だと想像しているのですが・・。

>200度ぐらいまで、写真を繋いでパノラマにしてみました。

これは凄い・・・1面山山山ですね(^_^;)

>いや、こっちの方が良かった!(断言)

ハハハ・・・きっとそうだったと思います♪

>戻ってきて、前日の眺めの良い場所でお昼寝。贅沢だね♪

ほんとそう思います(^^)

朝も早かったから気持ち良く昼寝できたのでは?

体調も戻って良かったですが・・・この後に悲劇とは??

気になります(^_^;)

溶射屋(村田光生) |  2010/08/02 (月) 07:40 [ 編集 ] No.426


Re: 大変でしたねぇ

溶射屋さん>

> >ワイナピチュ、1日四百人。早い者勝ちで、整理券を手にした者だけが登る事ができる、熾烈な戦いです。
> 5時に行って相当の人数が並んでいたのですか・・(^_^;)
> ・・・と言うことは4時起きくらい。
> 皆さん、相当気合い入れて来ているんでしょうね。
三時から並んでいた人もいたそうです。

> >朝日が遺跡にあたり始める・・・
> 5枚目のこの写真の遺跡の向こう側に見える山に登りたかったのですか?
そうです!
それがワイナピチュ。
もう遥か下に見えます。

> >狭い!しかも下はガケ!ワイナピチュも含め、毎年何人か事故を起こすという理由が、よくわかります…
> しかしこの幅は本当に狭いです(ー_ー)!!
> 高所恐怖症でなくとも怖いだろうなぁ!
思わず、手をついてしまいました^^;
命がかかってるかと思うと、普段ならなんでもない幅でも怖いです・・・

> 所で気温はどれくらいなのですか?
> きっと汗をかかない程度の外気温だと想像しているのですが・・。
この時期は、ペルーは真冬。
なので、朝晩の寒さは相当なのですが、昼になると標高が高いので、すごい直射日光が!
かなり暑いです・・・
しかも乾期なので、カラッカラなんです。

> >200度ぐらいまで、写真を繋いでパノラマにしてみました。
> これは凄い・・・1面山山山ですね(^_^;)
こういう風景を見ると、登るつらさはすぐ忘れてしまいます。
登山の一番楽しい時間♪

> >いや、こっちの方が良かった!(断言)
> ハハハ・・・きっとそうだったと思います♪
こんな景色が見られなかったと思うと、こっちにきてよかったと本気で思いました。

> >戻ってきて、前日の眺めの良い場所でお昼寝。贅沢だね♪
> ほんとそう思います(^^)
> 朝も早かったから気持ち良く昼寝できたのでは?
グッスリ過ぎて、妻に起こされました^^;
かなり日焼けが・・・

> 体調も戻って良かったですが・・・この後に悲劇とは??
> 気になります(^_^;)
もう、本当に悲劇が・・・
明日の日記をお待ち下さい!

理系G |  2010/08/03 (火) 19:53 No.427

コメントを投稿する 記事: 2010年・ペルー旅行記 ~4日目・マチュピチュ~

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。