理系男子ノココロ物事を合理的に考える理系男子のココロを世に放つ、まったくもって非合理的なブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2010年・ペルー旅行記 ~6日目・ティティカカ湖、ウロス島~

   ↑  2010/08/06 (金)  カテゴリー: ペルー旅行
2010年ペルー旅行記、六日目。


さてさて、すっかり高山病の餌食になってしまっていましたが、この日もたっぷり観光です!
高度3800mに位置するプーノの町の横には、ティティカカ湖があり、そこではインカ以前からの先住民系の民族が、独自の文化で暮らしています。

なんと、トトラという植物(葦)で湖の中に人工の浮島を作り、その上にまたトトラ製の家を建て、トトラ製の船を操り、魚やトトラを食べて暮らしているんです!


6日目プーノ

6日目プーノ
かなりの数の島がある。


人工の浮き島はウロス島と呼ばれており、トトラを縦横交互に敷き詰めて足場としていくだけです。
人が増えれば増設し、家族間で諍いがあれば、ノコギリで切って島を分けちゃうそう^^;


6日目プーノ
作り方をミニチュアで説明してもらいました。


6日目プーノ
島を切るノコギリ。


6日目プーノ
かなりフカフカした感触の足下。


6日目プーノ
でも、ソーラーパネルで電気は供給できてるみたい。
フジモリ元大統領の政策の一環だとか。

6日目プーノ
トトラボートにも乗ってみました。
かなりしっかりしてます。

6日目プーノ
他の観光客が乗ってたトトラボート。
先端の顔?の造形が素晴らしい!


島を移動。


6日目プーノ

6日目プーノ

6日目プーノ
なんと、売店とホテルと郵便局のある島!

ウロス島での一泊は、現地の実体験が出来るから結構人気があるそう。
他にも、病院・学校がある浮島もあるだとか。


6日目プーノ
よくわからないオブジェ?
でも、これもトトラ製。


異文化との触れ合いと、湖の爽やかな風にあてられて、この日は元気が出てました^^
高山病による頭痛は相変わらずでしたが^^;


ウロス島は、上手に観光地化していますね。
昔の文化を残しつつ、うまく観光客を誘い込んでいる気がします。
観光客として、異国の人間として、勝手な言い分かもしれませんが、この素晴らしい文化をうまく残していって欲しいです。



さて、ティティカカ湖を出発し、フリアカ空港へ向かう途中でシユスタニ遺跡へ寄りました。
高度をまた上げて、4000m
坂を登るのが、本当に大変。


6日目プーノ
プレインカ(インカ以前)からインカ時代の遺跡で、墳墓らしいです。


6日目プーノ
相変わらず、石組みがすごい。


6日目プーノ
ウマヨ湖の景色も素晴らしい・・・
ペルーの景色は、本当に壮大です。


遺跡観光も終わり、いよいよ空港へ。
ここまで少しずつ高度を上げてきましたが、ここで一気にリマへ戻ります!


6日目プーノ

平地に戻った途端、あれほどつらかった頭痛はどこへやら。
すっかり元気になりました^^

さぁ、翌日はとうとう最終日!
ナスカの地上絵です!!

FC2スレッドテーマ : ペルー (ジャンル : 海外情報

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-127.html

2010/08/06 | Comment (2) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


理系Gさん

おはようございます。

>なんと、トトラという植物(葦)で湖の中に人工の浮島を作り、その上にまたトトラ製の家を建て、トトラ製の船を操り、魚やトトラを食べて暮らしているんです!

3800mの地点に湖があるということがピンと来ません。

静岡県にある芦ノ湖みたいな存在なんでしょうね。

しかしそのわらみたいなトトラは耐水性に優れていて相当な浮力もあるようです。

インカの石組みと同じようにトトラの編み方にも工夫があったりして(^^ゞ

>ウマヨ湖の景色も素晴らしい・・・ペルーの景色は、本当に壮大です。

写真をみてもそれが伝わってきます。

一度は行ってみたいなぁ・・・

平地に降りて・・・と言っても、相当な高度があるのかな?

とにかく頭痛が治って良かったですね(^^)

溶射屋(村田光生) |  2010/08/06 (金) 07:03 [ 編集 ] No.432


Re: タイトルなし

溶射屋さん>

>なんと、トトラという植物(葦)で湖の中に人工の浮島を作り、その上にまたトトラ製の家を建て、トトラ製の船を操り、魚やトトラを食べて暮らしているんです!
> 3800mの地点に湖があるということがピンと来ません。
> 静岡県にある芦ノ湖みたいな存在なんでしょうね。
富士山より高いのに、普通に人が暮らしている事じたい凄いです。


> しかしそのわらみたいなトトラは耐水性に優れていて相当な浮力もあるようです。
> インカの石組みと同じようにトトラの編み方にも工夫があったりして(^^ゞ
葦みたいな植物のようなので、中が空洞になっており、浮くようです。
組み方は縦横交互に組むだけなのですが、下が腐ってくると、どんどん上に重ねていくようです。

> >ウマヨ湖の景色も素晴らしい・・・ペルーの景色は、本当に壮大です。
> 写真をみてもそれが伝わってきます。
> 一度は行ってみたいなぁ・・・
一度は行きたいと思っている人が凄く多い場所ですが、遠いですからね・・・
でも、本気で行こうと思えば、なんとかなりました^^

> 平地に降りて・・・と言っても、相当な高度があるのかな?
> とにかく頭痛が治って良かったですね(^^)
リマは海岸沿いなので、海抜0mぐらいです^^

理系G |  2010/08/08 (日) 22:12 No.433

コメントを投稿する 記事: 2010年・ペルー旅行記 ~6日目・ティティカカ湖、ウロス島~

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。