理系男子ノココロ物事を合理的に考える理系男子のココロを世に放つ、まったくもって非合理的なブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

2010年・ペルー旅行記 ~総括~

   ↑  2010/08/11 (水)  カテゴリー: ペルー旅行
さて、旅の統括です。
今後、マチュピチュに・ペルーに行ってみたいという人の参考になれば幸いです。

ただし、旅に行ったのは2010年7月。
あくまで、その段階での個人的な感想です。


・マチュピチュについて
近年、爆発的な人気を誇るマチュピチュ。
多い時は、一日四千人以上訪れるとか・・・

でも、そのせいで遺跡自体が痛んできているようです。
そこで、世界遺産を管理するユネスコでは、近年中に入場制限を掛けるつもりみたいです。
完全予約制とし、一年先に予約を入れないと入れないとか、一日2千人まで減らすとか・・・

まだまだ発掘されていない部分の調査も進めたいそう。
時期はまだ未定のようですが、行く予定のある方は、一応覚えておいた方がいいかも??


・旅程について
ペルーの観光地は、殆どが高地。
しかも、限られた日数で多く回ろうと、ツアー会社なども詰め込んでしまいがち。
さらに、早朝出発・深夜帰着も多く、詰め込むとかなりの体力を必要とします。
結局、それで体調を崩したり、疲れて外に出る元気も無いなんて報告、いっぱい口コミやブログで見ます。

実際、そうでした。
後半、疲れと高山病で、ホテル外で一度も夕食とってないんです。
ホテル着いたら、もうグッタリ。

せっかく行くのですから、詰め込むよりしっかり楽しんだ方が絶対にいいです。
旅の中間か後半ぐらいで、一日フリーの日を作るとか、同じ町2泊してゆっくり観光するとか・・・

今回の旅の旅程は以下の通り。
日本移動も含め、10日間の旅です。
ちなみに、行き帰りの飛行機でも、たっぷり疲れます。

 1日目:リマ(フリーの市内観光)
 2日目:クスコ(フリーの市内観光)
 3日目:マチュピチュ(遺跡見学)
 4日目:マチュピチュ(マチュピチュ峰登山)
 5日目:バス移動と観光(10時間バスの旅)
 6日目:プーノ・ティティカカ湖(ウロス島観光)
 7日目:ナスカの地上絵(ピスコからセスナで見学)


最初二日間フリーの日程ですが、元々の旅行会社のお勧めは、ここも現地ツアー参加でした。
高度順応の関係上、後半ほど高度が高くなっていますが、疲労も蓄積されてきます。
そこで、もう一度同じ日数で組むなら、こうします。

 1日目:リマ(フリーの市内観光)
 2日目:クスコ(高度順応で休憩と、軽くフリーの市内観光)
 3日目:マチュピチュ(遺跡見学)
 4日目:マチュピチュ(マチュピチュ峰かワイナピチュ峰登山)
 5日目:クスコ(午前休憩、午後市外の遺跡見学)
 6日目:リマもしくは高度の低い観光地へ(観光と買い物)
 7日目:ナスカの地上絵か観光


これなら、無理なく回れるし、ある程度融通も利きます。
ティティカカ湖も素晴らしかったのですが、ナスカと両方はちょっと大変。
それと、クスコ周辺には遺跡がいっぱいあるのに、ほとんど見られなかったのも残念でした。
マチュピチュも、日帰りは絶対もったいないです。

ツアーだと完全に決まってしまっているので、ある程度プランを組み替えられる旅行会社にお願いした方がいいでしょうね。
今回お願いしたラティーノさんは、その点いくらでも相談に乗ってくれます。
オススメです!



・高山病について

マチュピチュは高地にある為、高山病の話が必ず出てきます。
ただ、マチュピチュの標高は約2400m。
富士山の五合目とそんなに変わりません。
また、遺跡は広いですが、元々が人の住んでいた町ですから、割と歩きやすいです。
ワイナピチュ峰やマチュピチュ峰に登らないなら、必要以上に恐れる必要は無いかと。

ただし、ほとんどが前日クスコに泊まってからマチュピチュ行きでしょうが、このクスコで無理をしない事!
高地到着日に動き回った人ほど、高山病になりやすいそうです。
ちなみにマチュピチュは、クスコより標高が下がるので、クスコで問題なければ、大丈夫!
事前に、日本で高山に行ければ最高ですが、難しいならマスクを2重にして、なるべく酸素の取り込みにくい環境を体験するのもいいそう。

但し!いくら乾燥していても、現地の高地でマスクして寝てはダメですよ。

私みたいになりますから^^;


・現地通貨について

米ドルと現地通貨ソルが流通しています。
殆どのガイドブックや旅行会社は、米ドルがあれば大丈夫と言っていますが、かなりの場面でソルが必要になりました。
しかも、数年前にペルーでは価格表記をソルに統一しており、ドルが使えるのかわかりにくくなっています。

大きなホテルやレストランでは問題ないですが、タクシーや雑貨屋などでは、基本ソルのみ。
観光地の入場料なんかも、ソルのみが多かったですね。
お土産物屋だと、ドル支払いが高くついたりもします。

ソルが無いと困る場面もあるので、使いそうな額の半分ぐらいはソルに両替した方がいいかも?
減ったら、各地でその都度両替とか・・・


・言語について
スペイン語が公用語のようです。
英語も、観光地では大体通じます。
でも、タクシーや露天ではスペイン語のみ。
簡単な単語ぐらいは覚えておいた方が、スムーズです。

逆に、日本人観光客が多いのか、日本語で話しかけられたりもしますが^^;


・食事について
ペルー料理、かなり日本人の口に合います。
美味しいです!

7日目ナスカ
最終日に食べた、川エビ(ザリガニ?)のスープ。本当に美味しかった・・・

味付けがちょうどいいというか、素材を生かすというか・・・
ただ、ホテルの朝食はどこも殆ど代わり映えの無い、欧米ビュッフェスタイルでしたが。


・ペルー人について
日本人に近い気がします。
勤勉で、真面目。
困った時にもいい笑顔で対応してくれて、凄く好感がもてました。
ただ、治安的に危ないと言われている場所には一切近づいていませんから、当然そういう所で油断しないで下さいね。



大体これぐらいでしょうか?
何か聞きたい事がある方は、コメントを入れて頂ければ、返信します。

気をつける事ばかり書いた気がしますが、ペルー旅行は本当に最高でした。
とにかく全てが壮大。
地球の裏側まで行く価値は、間違いなくあります。
だからこそ、しっかりと楽しめる計画と準備は必要不可欠かと。

では、これにてペルー旅行記終了です。
長々とお付き合いありがとうございました。

FC2スレッドテーマ : ペルー (ジャンル : 海外情報

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-129.html

2010/08/11 | Comment (6) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


とてつもなく壮大な旅行だったね!
師匠の新婚旅行に相応しいスケールだと、ニヤニヤしながら読んでました。
とても良い思い出になったのではと思いますです。
旅行自体も、その後の旅行記UPも、お疲れ様でした!

debe |  2010/08/11 (水) 08:35 [ 編集 ] No.434


いやぁ、とっても興味深く旅行記を読ませて頂きました。
写真も豊富ですっごく雰囲気伝わってきました!!
こーんなスケールの大きな旅行の後は、
さぞ、現実復帰は相当大変だっとのでは?と想像いたします(笑)。
お盆休みはゆっくりお過ごし下さいませ~♪

4代目 |  2010/08/12 (木) 19:43 No.438


理系Gさん

おはようございます。

>今後、マチュピチュに・ペルーに行ってみたいという人の参考になれば幸いです。・・・・ペルー旅行は本当に最高でした。とにかく全てが壮大。地球の裏側まで行く価値は、間違いなくあります。

いいなぁ、僕は是非とも行ってみたいと思います・・・が妻がなんと言うか・・・(^^ゞ

理系Gさんも奥さんが直ぐに「いいよ!!」とは言わなかったのではないですか?(^^ゞ

とに角大変だったけど一生の思い出に残る新婚旅行になりましたね!(^^)

このブログはプリントアウトして保管しなくっちゃ(^^ゞ

溶射屋(村田光生) |  2010/08/13 (金) 07:58 [ 編集 ] No.441


Re: タイトルなし

debeさん>

> とてつもなく壮大な旅行だったね!
> 師匠の新婚旅行に相応しいスケールだと、ニヤニヤしながら読んでました。
ニヤニヤ!??

> とても良い思い出になったのではと思いますです。
> 旅行自体も、その後の旅行記UPも、お疲れ様でした!
いえいえ^^
このブログの目的は、debeのいう二つのうち、半々なので。

理系G |  2010/08/14 (土) 09:58 No.442


Re: タイトルなし

四代目さん>

> いやぁ、とっても興味深く旅行記を読ませて頂きました。
> 写真も豊富ですっごく雰囲気伝わってきました!!
ありがとうございます^^
頑張って書いたかいがあります。

> こーんなスケールの大きな旅行の後は、
> さぞ、現実復帰は相当大変だっとのでは?と想像いたします(笑)。
直後が忙しかったので、あっという間に復帰せざるを得なかったです^^

> お盆休みはゆっくりお過ごし下さいませ~♪
ありがとうございます!

理系G |  2010/08/14 (土) 10:09 No.446


Re: タイトルなし

溶射屋さん>

> >今後、マチュピチュに・ペルーに行ってみたいという人の参考になれば幸いです。・・・・ペルー旅行は本当に最高でした。とにかく全てが壮大。地球の裏側まで行く価値は、間違いなくあります。
> いいなぁ、僕は是非とも行ってみたいと思います・・・が妻がなんと言うか・・・(^^ゞ
> 理系Gさんも奥さんが直ぐに「いいよ!!」とは言わなかったのではないですか?(^^ゞ
いえいえ、私たちの場合は、お互い一番行きたい場所がマチュピチュだったので、一瞬で決まりました!
妻は、かなりのアウトドア派なので、むしろアクティブです^^
そこにも惚れたワケですがv-238

> とに角大変だったけど一生の思い出に残る新婚旅行になりましたね!(^^)
> このブログはプリントアウトして保管しなくっちゃ(^^ゞ
それは光栄です^^
本当に誰か行く人のお役に立てば、それが一番本望です!!

理系G |  2010/08/14 (土) 10:19 No.449

コメントを投稿する 記事: 2010年・ペルー旅行記 ~総括~

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。