理系男子ノココロ物事を合理的に考える理系男子のココロを世に放つ、まったくもって非合理的なブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

夏の北海道旅行記・道東編(3/4)

   ↑  2010/09/02 (木)  カテゴリー: 旅行
北海道旅行、三日目


この旅の本来の一番の目的は、いまや世界遺産となった知床の、カムイワッカ湯の滝でした。
流れる川の水全てが温泉で暖かく、川を遡っていくと滝壺があり、そこは天然の露天風呂。
あれを初めて経験した時の感動たるや、マチュピチュに負けずとも劣らずです!

でも、世界遺産化と共に、色々規制が厳しくなり、落石のおそれ有りとの事で進入禁止に・・・
道路から100mほどの一の滝までしか、せいぜい行けないみたいです。
直前にそれを知り、やむなく知床方面は中止。


摩周湖へとハンドルを向けます。
今回は、通常観光客の訪れる表側ではなく、裏摩周へ。

"神の子池"へ立ち寄ります。
なんでしょうね、言葉にできないこの美しさ・・・

道東旅行

道東旅行

道東旅行
コバルトブルーに煌めく水面。
水中に横たわる倒木。
その間を泳ぐ魚達・・・


いつまでも、残しておいて欲しい大自然です。
ちなみに、ここへ入る林道は行って引き返すだけしか出来ません。
先へ続いてそうだから進入してみたら、行き止まりでした・・・

道東旅行
明らかに、交通の無い道でした^^;


裏摩周の展望台。

道東旅行
微妙な天気・・・さすがは霧の摩周湖
湖反対側の展望台は、霧に覆われているため何も見えないでしょう^^;
裏摩周の方が低い場所にあるので、こちらの方が見れる確立が高いです。


さてさて、次は釧路方面へ。
こっち方面はあまり詳しくないので、観光ガイドに載ってたお店などへ。
鮭番屋

道東旅行

道東旅行

道東旅行
豪勢なイクラ丼と鮭親子丼です^^
ホタテやカキも、お店の方が焼いてくれます。


続いて釧路市湿原展望台へ。
一時間ほどの散歩コースがあったのですが、湿原というより山の中の散策でした^^;

道東旅行
湿原の中も、歩いてみたかった・・・!


夕飯は、釧路名物ザンタレの有名店、南蛮酊へ。
北海道では、鳥の唐揚げの事をザンギと呼びます(正確にはちょっと違うケド)。
そのザンギを甘酢タレで食すのがザンタレ。

道東旅行

道東旅行

・・・なんですか、この量は!??
多いお店とは聞いていたけど、これはすごい!
これで、通常のザンタレ定食です。
味は、しっかりとした衣に甘酢のタレがよく合い、美味しかったです^^

量はあるけど、美味しいのでサクサク進みます♪
でも、半分でダウン・・・
後はお持ち帰りにさせてもらいました^^;

こうして三日目は終了。
残すは一日!

FC2スレッドテーマ : 北海道旅行 (ジャンル : 旅行

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-141.html

2010/09/02 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


理系Gさん

おはようございます。

多分僕がお会いしたのは二俣先生です。

先生が研究していた超はっ水性を持った溶射被膜に興味があって訪ねて行きました。

その後溶射用複合ワイヤー製造装置を作っている倉本鉄工所に先生と一緒にいきましたが、ひょっとしてGさんの前職の場所かな?(^^ゞ

溶射屋(村田光生) |  2010/09/02 (木) 07:55 [ 編集 ] No.476


理系Gさん

再びです。

>この旅の本来の一番の目的は、いまや世界遺産となった知床の、カムイワッカ湯の滝でした。

世界遺産の滝・・・マチュピチュと同じくらいの感動があるんですね・・・奥さんに魅せられなかったのが誠に残念だったと思います。

裏摩周湖のコバルトブルーの色がとても幻想的・・・水が綺麗なんでしょうね・・。

霧の摩周湖・・・・写真的には晴れて欲しい所かな(^_^;)

>豪勢なイクラ丼と鮭親子丼です^^

たまらんっす・・・!!

>・・・なんですか、この量は!??
多いお店とは聞いていたけど、これはすごい!
これで、通常のザンタレ定食です。

これじゃぁ確実に二人ぶんではないっですか?

まぁあの、日本んで二番目に大きい鯛焼きを一人で食べたぐらいですから・・・・・・

でも完食するには大変だったのでは・・・

マチュピチュみたいに体調壊しませんでした?(^^ゞ

今調べましたが二俣先生にお会いしたのは2005年5月でした(^^)

溶射屋(村田光生) |  2010/09/02 (木) 08:17 [ 編集 ] No.477


Re: タイトルなし

溶射屋さん>

> 多分僕がお会いしたのは二俣先生です。
まさしく、その二俣先生に教わりました^^

> 先生が研究していた超はっ水性を持った溶射被膜に興味があって訪ねて行きました。
> その後溶射用複合ワイヤー製造装置を作っている倉本鉄工所に先生と一緒にいきましたが、ひょっとしてGさんの前職の場所かな?(^^ゞ
まさしくです^^;
なんとも、人の縁とは凄いものですね・・・!
これも必然だとすると、なかなかに太い糸です☆

理系G |  2010/09/03 (金) 19:06 No.479


Re: タイトルなし

溶射屋さん>

> >この旅の本来の一番の目的は、いまや世界遺産となった知床の、カムイワッカ湯の滝でした。
> 世界遺産の滝・・・マチュピチュと同じくらいの感動があるんですね・・・奥さんに魅せられなかったのが誠に残念だったと思います。
人が入って破壊されてしまわないよう・・・も世界遺産の目的なので、仕方ないですね。
でも、見せてあげたかったです。

> 裏摩周湖のコバルトブルーの色がとても幻想的・・・水が綺麗なんでしょうね・・。
> 霧の摩周湖・・・・写真的には晴れて欲しい所かな(^_^;
神の子池は、本当に神秘的です。
行く価値アリですよ!

> >豪勢なイクラ丼と鮭親子丼です^^
> たまらんっす・・・!!
やっぱり、北海道ならではですから!
海の幸も、静岡とは違ったおいしさがあります。

> >・・・なんですか、この量は!??
> 多いお店とは聞いていたけど、これはすごい!
> これで、通常のザンタレ定食です。
> これじゃぁ確実に二人ぶんではないっですか?
> まぁあの、日本んで二番目に大きい鯛焼きを一人で食べたぐらいですから・・・・・・
> でも完食するには大変だったのでは・・・
> マチュピチュみたいに体調壊しませんでした?(^^ゞ
二人分どころじゃなかったです^^;
翌朝の、ホテルのバイキングを楽しみにしていたのに、これでお腹いっぱいでした^^;
胃は丈夫なつもりなので、今回はなんともなかったです☆

> 今調べましたが二俣先生にお会いしたのは2005年5月でした(^^)
間違いなく、前職場に在籍中ですね。
わざわざ調べて頂き、ありがとうございます。

理系G |  2010/09/03 (金) 19:10 No.480

コメントを投稿する 記事: 夏の北海道旅行記・道東編(3/4)

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。