理系男子ノココロ物事を合理的に考える理系男子のココロを世に放つ、まったくもって非合理的なブログ 

この記事に含まれるタグ :
InventorStudio  

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Inventor Studioの使い方-2 

   ↑  2011/03/09 (水)  カテゴリー: Inventor Studio
InventorStudioの使い方-2 "モデル環境設定"

3次元CADである、AutodeskInventorには、設計機能の他に、プレゼンテーション機能がついています。
よりかっこよく、より実物に近い雰囲気で、一般的な形式の画像や動画に変換出来るのです。
その機能が、「InventorStudio」

今回はその基本的な機能紹介まで。
各種スタイルとカメラ、レンダリングなどの説明をします。

なお、この先Inventorのバージョンによって、操作方法が違ってきます。
恐らく2010以降はリボン表示、それ以前は違うので、機能名称やボタン位置などが説明と違うかもしれませんが、そのあたりは自分で修正して下さい。
ちなみに、私は2009のsuiteを使っています。


----------------------------------------
まず、AutodeskInventorを起動します。
何かファイルも読み込んで下さい。

アプリケーション>InventorStudio と選択
(リボンなら多分、環境>InventorStudio

すると、ツールバーの表示がInventorStudio環境となります。

InventorStudio

↓左側ツールバー拡大

InventorStudio
赤枠部が、3Dデータをどのような状態で見せるか?という設定をする場所です。

・サーフェススタイル
3Dモデルの表面の状態を設定。

・照明スタイル
3Dモデルに、どのようなライトを当てるかを設定。
影の付き方にも影響します。

・シーンスタイル
背景を設定。
単色だったり、グラデーションさせたり、写真を背景にしたり出来ます。

・カメラ
画像、動画にする際、どこから見るか?を設定します。
カメラの位置と写す方向、角度、拡大縮小など、動画作成の際はかなり重要になってきます。
また、モデル表示側で右クリックし、「ビューからカメラを設定」を選択すると、いま表示されている通りに写せるカメラを設置出来ます。
もしくは、表示スケッチがあれば、そこから位置を細かく設定も出来ます。

・ローカルライト
モデルを光らせたい場合に使います。
電灯であったり、スイッチのライトだったり・・

・レンダリングイメージ
上記の設定を元に、モデルを画像化する機能です。
この機能を知らないと、せっかく作った3Dモデルの画像化を、PrintScreenでやってしまったり・・・
もしくは、idw上で表示したりしてしまいがち。
それらは、あくまで設計上での見た目なので、いまいちです。

・最後のイメージを表示
上記のレンダリングイメージで、最後にイメージ化した画像を表示。
あんまり使った事ありません。
----------------------------------------

さて、ここまでが環境設定とレンダリングイメージ化。
次回は、レンダリングイメージをもう少し詳しく説明します。
次回更新は未定!

この記事に含まれるタグ : InventorStudio 

FC2スレッドテーマ : ソフトウェア (ジャンル : コンピュータ

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-265.html

2011/03/09 | Comment (4) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |
この次の記事 : 少年アジア!
この前の記事 : Inventor Studioの使い方-1

Comment


理系Gさん

こんにちは!

>よりかっこよく、より実物に近い雰囲気で、一般的な形式の画像や動画に変換出来るのです。その機能が、「InventorStudio」

これが優れもの機能なんですね。

>何かファイルも読み込んで下さい。

これ、ひょっとしてファイルかスキャナーで読み込んだ画像が3Dになっちゃうのですか??

そんなことはないだろうなぁ・・・

でもそういうことができるとしたら凄い!!(^^ゞ




溶射屋 |  2011/03/09 (水) 15:15 [ 編集 ] No.1261


こんばんは^^。

前回のコメントやっぱり的外れだんたんですね。^^:。

今日のブログは、凡人の私には、難しいわ。
力を入れて、読んでみても難しい。

今日はこれで失礼いたします。^^;

手作りショップ |  2011/03/10 (木) 21:21 [ 編集 ] No.1264


Re: タイトルなし

溶射屋さん>
>
> >よりかっこよく、より実物に近い雰囲気で、一般的な形式の画像や動画に変換出来るのです。その機能が、「InventorStudio」
> これが優れもの機能なんですね。
そうです!
面白機能です!

> >何かファイルも読み込んで下さい。
> これ、ひょっとしてファイルかスキャナーで読み込んだ画像が3Dになっちゃうのですか??
> そんなことはないだろうなぁ・・・
> でもそういうことができるとしたら凄い!!(^^ゞ
さすがにそう言う事ではないです^^;
作った3Dのデータを読み込んで下さい・・って事です。
でも、そんな事が出来れば、楽しいですね!

理系G |  2011/03/11 (金) 08:13 No.1268


Re: タイトルなし

手作りショップさん>

> 前回のコメントやっぱり的外れだんたんですね。^^:。
いえいえ、分野外ですから^^

> 今日のブログは、凡人の私には、難しいわ。
> 力を入れて、読んでみても難しい。
> 今日はこれで失礼いたします。^^;
むしろ、関係ない話ばかりですいません^^;

理系G |  2011/03/11 (金) 08:17 No.1271

コメントを投稿する 記事: Inventor Studioの使い方-2 

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

この次の記事 : 少年アジア!
この前の記事 : Inventor Studioの使い方-1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。