理系男子ノココロ物事を合理的に考える理系男子のココロを世に放つ、まったくもって非合理的なブログ 

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

こだわりの家を建てよう!-18

   ↑  2012/11/19 (月)  カテゴリー: 住宅

こだわりの家を建てよう!

無垢フローリング塗料編1です。

 

木のフローリングには、いくつか種類があります。

画像はフローリングの断面のイメージ図です。

 

1.無垢フローリング(単層)

原木から削りだした、一枚板のフローリングです。

自然素材そのものの良さがありますが、それゆえに伸縮しやすいなどの問題点もあります。

 

2.無垢フローリング(複合)

無垢の木を、縦や横につないだフローリングです。

伸縮の問題を解決したり、一枚板では不可能な形状の物が作れたりします。

 

3.突き板フローリング

合板の表面に、薄くスライスした木を貼ってあるもの。

価格の安さ、規格による施工のしやすさがメリットですが、長期間の耐久性は無垢に劣ってきます。

 

我が家では、一階はサイプレスの無垢フローリング(単層)、二階は突き板フローリングです。

突き板フローリングは、工場出荷時から表面に保護の塗装がしてありますが、無垢フローリングは未塗装・無着色のままです。

このフローリングの保護塗装をどうするか、吉野聡さんと話をした結果、ここは施主の好みでやらせてもらう事にしました。

ちなみに、無垢のフローリングへの塗装も、大きくわけて2つの種類があります。

 

1.コーティング塗装

表面をウレタンなどの樹脂でコーティングする塗装。

汚れに対しては、ダントツの強さです。

ただ、木本来の肌触りではなくなります。

 

2.浸透性塗装

木に、オイルやワックスなどを染み込ませて保護する塗装。

木そのものの質感や手触りが残り、経年による風合いの変化も楽しめます。

ただ、汚れには弱く、メンテナンスもそれなりに必要です。

 

せっかくの無垢フローリングですから、浸透性の塗料を選ぶ事にしました。

それも、可能な限り自然素材な塗料を。

肌の弱い妻・まだ幼い息子二人もいますしね(^_^)

・・まぁ、息子二人と猫が汚す事を考えると、パパはメンテナンスや掃除を頑張らねばなりませんが(^_^;)

 

色々と調べ、気になる塗料のサンプルを取り寄せました。

これを、サイプレスフローリングの余った端材に塗って、風合いと汚れに対する防御力をテストしてみる事に!

無駄に頑張ったテストの模様は、次回!乞うご期待!!

(記事編集) http://rikei15.blog107.fc2.com/blog-entry-573.html

2012/11/19 | Comment (3) | Trackback (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ ↑ |

Comment


確かに

こんにちは
私も家造りの時は接着剤、塗料にこだわりました

伯爵 |  2012/11/19 (月) 09:12 [ 編集 ] No.5037


理系Gさん こんばんは。
フローリングのいろいろ、そして塗装のいろいろ、
わかりやすいです。
実際に実験、理系Gさんの本領発揮ですね。
でも、無駄にがんばったが、気になります(*゚▽゚)ノ

茶柱通心 |  2012/11/19 (月) 22:52 No.5038


おはようございます。

1つの事に対する検討・研究!!
理系Gさんの思い・考えは良く理解しています。
だからこそ、理系Gさんの実験による結果を楽しみにしているんです♪

吉野聡建築設計室 |  2012/11/20 (火) 03:44 No.5039

コメントを投稿する 記事: こだわりの家を建てよう!-18

お気軽にコメントをぞうぞ。
非公開 (管理人のみ閲覧可能なコメント) にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
  非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback


この記事にトラックバックする (FC2ブログユーザー限定)

まとめ【こだわりの家を建てよ】

こだわりの家を建てよう! 無垢フローリング塗料編1です。   木のフローリングには、いくつか種

まっとめBLOG速報 2012/11/19
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。